学校保健安全法により生徒が感染症にかかった場合、本人の休養と他人への感染、流行を防ぐため、出席停止(欠席扱いとしない)の処置を執ることになっています。万一、お子さんが感染症と医者より診断された場合は、速やかに学校へ連絡してください。

  なお、病気が完全に治り
、医師からの許可が出るまでは、登校せずに自宅で安静にしていただきます。
 
  また、登校開始は、感染防止のため、医師の許可(高等の許可でよい)をいただいてからとなります。

 病気が治り、医師の許可がでて登校する際は、
保護者が「登校届」を記入し、登校開始日に学校へ提出をしてください。

 よろしくお願いいたします。
 
     
※ 主な感染症は一覧の通りです。他の感染症の場合も出席停止となるので医師            の指示に従って学校に必ず連絡してください。


※ 出席停止期間については目安なので、症状により医師が伝染の恐れがないと認めた場合は、医師の指示に従ってください。

《感染症にかかった場合》

症状が出た場合 → 受 診 → 担任へ連絡

           ↓ 出席停止通知(登校届) を学校からもらう
             もしくは、ホームページよりダウンロード

         療 養 (出席停止)

           ↓

         主要症状がなくなったら・・・・

           ↓

         受  診

           ↓

       医師の許可  (保護者が登校届を記入) → 担任に提出

           ↓ 『登校届』を学校に提出

        登   校 開 始

 
     
    登校届について、お手元にない場合は、学校に連絡していただくか、下のボタンのリンク先よりダウンロードしてください。    
   
     
    
 
   PDFになっています。ご利用いただくには、リーダーが必要です。
お持ちでない場合は、ここからダウンロードしてご利用ください。